FC2ブログ

Note to Self: T-54 in Prague, 1968

いわゆる「プラハの春」を鎮圧するために投入された、ソ連主導のワルシャワ条約機構軍。記録写真を漁っている時、興味深い車両を見つけた。写真自体は有名なものだが、写っているT-54Aに注目。同士討ちを避けるために描かれた白帯の隣の「212」の上に、新聞紙のようなものが貼り付けてあった痕跡がある。――これは何か意図がありそうである。防諜上の理由から部隊名を秘匿することはよくあるが、これもその一環なのだろうか。...

read more

Note to Self: What is "A.F.P."

【※この記事の信憑性については議論があります。(本稿コメント欄を参照。)】MiniArt 1/35 #35169 Pz.Kpfw.III Ausf.Dの塗装例③(1st Battalion 1st Panzer Regiment 1st Panzer Division of the Wehrmacht, Poland, September 1939)は、車体前面に書かれた“A.F.P.”の文字が特徴的である。ところで、“A.F.P.”とは何であろうか。(フランスの大手通信社ではない。)調べてみると、どうやらポーランドのアナキスト組織を指している...

read more

Note to Self: Pz.Kpfw.IV of the Polish Army

ドイツ軍戦車の中で最多の生産数を記録したIV号戦車はイタリア、ルーマニア、ハンガリー、ブルガリア、フィンランドといった枢軸諸国にも輸出され、各軍の貴重な機甲戦力として使用されたが、ポーランド軍も鹵獲したIV号戦車を配備していたことが確認されている。ポーランド軍第6ポモルスカ歩兵師団隷下の第5対戦車砲中隊にはソ連軍の自走砲、SU-76が配備されることになっていたが、その数は限られたものであった。そのため、同...

read more

Note to Self: Street light in Warsaw

本稿では、ワルシャワ市内の街灯(1944年、ワルシャワ蜂起時)について考察する。以下は、ワルシャワ蜂起の記録写真から「街灯」が写されているものを抽出したものである。この独自の飾りが施されたクラシカルな街灯は、記録写真の中に数多く登場し、まさにワルシャワ・スタンダードとも言うべき形状である。巧緻な“ワルシャワ・スタンダード”とは対照的な、シンプルなガス灯も存在する。2014年に公開されたポーランド映画、『Wars...

read more

Note to Self: “Panther” in Warsaw Uprising - Part.2

本稿では、記録写真に残された国内軍のパンターを分類する。※国内軍のパンターについては、過去記事を参照。---最終更新:2019/04/10/01:14 - 新たな写真を追加。【Pudel / Magda】鹵獲:1944年8月2日大破:1944年8月11日(?)【Felek (WP)】鹵獲:1944年8月2日大破:1944年8月8日...

read more

information

BBS

instagram

access counter

FLAG counter

Flag Counter

#prfm

tags

search this blog

contact us

name:
e-mail:
subject:
message: