FC2ブログ

SPAD S.VII “Fulco Ruffo di Calabria”

1-1.jpg

1-2.jpg

1-3.jpg

1-4.jpg

1-5.jpg

1-6.jpg

1-7.jpg

1-8.jpg

1-9.jpg

1-10.jpg

1-11.jpg

1-12.jpg



イタリアのヴィーニャ・ディ・ヴァッレ空軍歴史博物館(Museo storico dell'Aeronautica Militare di Vigna di Valle)に展示されているSPAD S.VII “Fulco Ruffo di Calabria”です。《2018年3月 撮影》



Fulco Ruffo di Calabria(フルコ・ルッフォ・ディ・カラブリア、1884-1946)は、WWIにおけるイタリア陸軍航空隊のエース・パイロットです。

20機のオーストリア=ハンガリー帝国軍機を撃墜し、パーソナルマークの「黒い骸骨」は多くのパイロットたちから恐れられました。

戦後は農業を営み、植物の研究に専念する傍ら、イタリア王国の上院議員を務めました。

1-13.jpg

1-14.jpg



※当サイトに掲載されている画像の無断転載・使用を固く禁じます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

information

instagram

access counter

FLAG counter

Flag Counter

#prfm

BBS

tags

search this blog

contact us

name:
e-mail:
subject:
message: