fc2ブログ

Note to Self: Street light in Warsaw

本稿では、ワルシャワ市内の街灯(1944年、ワルシャワ蜂起時)について考察する。



以下は、ワルシャワ蜂起の記録写真から「街灯」が写されているものを抽出したものである。

42-1.jpg

42-2.jpg

42-3.jpg

42-4.jpg

42-5.jpg

42-6.jpg

42-7.jpg

42-8.jpg

42-9.jpg

42-10.jpg

42-11.jpg

42-12.jpg

42-15.jpg

42-16.jpg

42-17.jpg

この独自の飾りが施されたクラシカルな街灯は、記録写真の中に数多く登場し、まさにワルシャワ・スタンダードとも言うべき形状である。



42-17-2.jpg

42-17-3.jpg

巧緻な“ワルシャワ・スタンダード”とは対照的な、シンプルなガス灯も存在する。





2014年に公開されたポーランド映画、『Warsaw 44』(原題:Miasto 44 / 邦題:リベリオン ワルシャワ大攻防戦)では、“ワルシャワ・スタンダード”が見事に再現されている。

42-22.jpg





では、この“ワルシャワ・スタンダード”を模型で表現するにはどうすればよいだろうか。

MiniArt 1/35 #35004 Polish City Buildingに付属している街灯は、その形状に類似性は見受けられるものの、完全な“ワルシャワ・スタンダード”ではない。

42-0.jpg



調べてみると、MiniArtはこの街灯を使い回しているようで、特定の地域を想定してキット化したわけではないようである。

42-18.jpg

42-20.jpg

42-21.jpg



こうなると、現時点で“ワルシャワ・スタンダード”を再現するには、フルスクラッチするしかないようだ。

その際は、「プラハの街灯」を製作したhn-nh さんこの記事が非常に参考になる。


「街灯の世界は奥が深い。」






【追記】

ポーランドは戦後、破壊された町並みを「レンガのひび割れ1つに至るまで」修復したが、それは街灯も例外ではなかったようである。

Google ストリートビューでワルシャワ市内をバーチャル散策してみると、“ワルシャワ・スタンダード”があちこちに存在していて驚愕。

これならば、“ワルシャワ・スタンダード”の資料を探す必要はなさそうだ。

42-23.png

42-24.png

42-25.png
スポンサーサイト



コメント

No title

ワルシャワの街灯! 素敵なリサーチです。
ヘッツァー Chwat 号のバリケードの後ろに写ってる街灯も「ワルシャワスタンダード」でした。
wozybojowe.pl/2016/08/hetzery-przeciw-powstaniu-warszawskiemu/

このくらいの形なら、ミニアートのアクセサリーキットの部品をベースに復元できそうですね。前にプラハの街灯を再現した私の記事にリンクを貼っていただき、ありがとございます(^^)

アップされた写真中段あたりのトラムのある通りに広告塔(ポスター掲示板)が写ってますが、こういうのは当時のヨーロッパで普通にあったものなんでしょうかね。MMKからレジンキットがでてますね。そのものずばりではないですが。

Re: No title

hn-nh さん、コメントありがとうございます!

先程、“ワルシャワ・スタンダード”の鮮明な写真を発見したのですが、独特な飾りが製作上の課題になりそうです。
https://fivemonthsinwarsaw.files.wordpress.com/2013/02/wpid-photo-23102012-221-am.jpg

>アップされた写真中段あたりのトラムのある通りに広告塔(ポスター掲示板)が写ってますが、こういうのは当時のヨーロッパで普通にあったものなんでしょうかね。

広告柱はベルリンの印刷業者が考案したもので、ドイツ語でリトファスゾイレ(Litfaßsäule)といいます。
ベルリンを象徴する構造物の1つで、ヨーロッパ各地に設置されていたようです。
(wikiによると、全ドイツには2005年末時点で、51,000基のリトファスゾイレが存在するそうです。)

私はナチ台頭期のベルリンを再現したく、これを用いたジオラマを以前から構想中です。笑

No title

こんばんは。
すごくディープな世界ですね。
街角再現って一言で言っても広すぎて深すぎてって簡単ではなさそうです。

Re: No title

しおちゃん さん、コメントありがとうございます!

考証の沼にはまると模型どころではなくなりますが、それはそれで非常に楽しい作業です。
(近年患っている「未完成病」はこのせいなんですが・・・。笑)

No title

考証は目的地ではなく経由地ぐらいに思ってます。
ワルシャワの街灯も「スタンダード」タイプはトラムの架線の干渉などさけるためか、背が高いですね。周りの建物と比べるとランプまで軽く地上7mはあるんじゃないでしょうか。

それを正確に再現しようとすると模型的にはちょっと間延びした高さになってしまいます。

前にhiranumaさんともこの話はしたことありますが、模型的には高さ方向は切り詰めたほうがしっくりきます。地上から見上げた感覚としても。
以前再現したプラハの街灯も高さ方向はかなり圧縮してあります。

Re: No title

hn-nh さん


>考証は目的地ではなく経由地ぐらいに思ってます。

hn-nh さんのスタンス、素晴らしいです。私も見習いたい・・・。
私はどうも考証に入ってしまうと、モデリングに際して必要以上に気負ってしまって・・・。
考証は大好きなのですが、もはやジレンマですね。


>ワルシャワの街灯も「スタンダード」タイプはトラムの架線の干渉などさけるためか、背が高いですね。周りの建物と比べるとランプまで軽く地上7mはあるんじゃないでしょうか。

ご指摘のとおり、結構な高さがあります。2階建てのテラスよりも高いことが確認できますので、7.5m~8mはあるかもしれません。

No title

ストリートビューに写っている街灯3枚、てっぺんの「くるりん」は一緒ですが、高さがだいぶ違いますね。
最初は3枚目が低いだけかと思ったのですが、よく見ると、1枚目と2枚目も、1枚目の方がやや低いような。
1枚目の写真も、交差点の向こう側にある街灯と、こちら側のものとでだいぶ違いそうです。(こちらは建物の4階相当なのに対して、向こう側は2階相当)

コメントの投稿

非公開コメント

information

access counter

FLAG counter

Flag Counter

#prfm

recent comments

<>+-

tags

search this blog