fc2ブログ

日日散文(4)

2019/06/23.

本を買う。

古本屋で安くなったら、と考えていたが、どこを探しても旧版ばかりで見つからない。

54-1.jpg

そんなわけで、ハンナ・アーレントの『全体主義の起原』全3巻を新品で購入。言わずもがな、名著。

アーレントの師、ヤスパースによる序文を読むと、第3部から読み始めるのが良いらしい。


シュミットが読み終わったら、早速読もう。



そしてもう1冊。

54-2.jpg

Sylwester BraunのPowstanie Warszawskie: The Warsaw Uprising

これはワルシャワ蜂起の様子を撮影し続けた野戦記者、Sylwester Braun(1909-1996)による写真集。

彼は"Kris"というコードネームを持ち、1944年8月1日から同年10月2日までに約3,000枚の写真を撮影したという。

54-3.jpg

彼が撮影した写真の多くはワルシャワ蜂起博物館公式サイトの写真アーカイブで見ることができるが、書籍として1冊にまとまっていることに意義がある。

54-4.jpg

ちなみに、古本屋で800円。安い。

大きさは児童書くらいのミニサイズだが、内容は濃く、深い。
スポンサーサイト



コメント

No title

映画"miasto 44
"に登場する白帯つきケーブルドラムのソースはここにあったんですね。ていうか、映画のセットでそこまでこだわるのかという気もしますが、ワルシャワ蜂起はポーランド人のアイデンティテイになってるのでしょうね。

本は読まなくなったなー。日々、情報は通り過ぎていくけど、文字から考えるということが殆どなくなった気がします。買う本といえば写真の面積が大きいものばかりだし。。。
ポカリスエットの写真集とか買ってる場合じゃないな 。w

Re: No title

hn-nh さん、コメントありがとうございます!

"Miasto 44"の驚異の再現度が証明されましたね。笑
史実に対する熱意を、邦画も是非見習ってもらいたい...(^^;)


>買う本といえば写真の面積が大きいものばかりだし。。。

こ、これはモデラーの宿命でもあるような...
私も基本的にはその傾向が強いです。(^^)

ポカリスエットの写真集...私は今その存在を知りました。笑

No title

こんにちは。
読書凄いですね
ハンナ・アーレントを読む方がいらっしゃるなんて。
新版が出ていたのも知りませんでした。

Re: No title

しおチャン さん、コメントありがとうございます!

近現代の政治思想史に興味がありまして、特に全体主義は関心の高いテーマです。
難解ですが、読破後の達成感は格別ですね。笑

ちなみに新版はここ2、3年で刊行されました!

コメントの投稿

非公開コメント

information

access counter

FLAG counter

Flag Counter

#prfm

recent comments

<>+-

tags

search this blog