FC2ブログ

イタリア空軍歴史博物館への行き方


イタリア空軍歴史博物館 (Museo storico dell'Aeronautica Militare di Vigna di Valle)は最寄り駅から結構な距離にあるため、バスやタクシーで行くことが推奨されています。

ですが、駅から「徒歩」で行くのも選択肢の1つになり得ると思います。

そこで今回は、最寄りの「ヴィーニャ・ディ・ヴァッレ (Vigna di Valle) 駅」から博物館までの徒歩での行き方をご紹介致します。





1. まずはローマ地下鉄に乗って、「ヴァッレ・アウレーリア (Valle Aurelia) 駅」へ向かいましょう。
 ※地下鉄駅構内では、スリ等に十分注意しましょう。
 ※私は「コルネーリア (Cornelia) 駅」近辺の宿に滞在していたので、迷うことはありませんでした。



2. ヴァッレ・アウレーリア駅に到着したら、次はトレニタリア(日本のJRに相当する鉄道会社)に乗り換えます。

 →1度改札を出て、地下鉄駅と同名の「ヴァッレ・アウレーリア駅」を目指しましょう。
 ※駅舎が異なりますので注意しましょう。

12 (1)

↑トレニタリアのヴァッレ・アウレーリア駅の駅舎です。



3. 駅に到着したら、乗車券を購入します。

 →券売機の言語は英語が選択できますので、落ち着いて購入しましょう。

 ・博物館の最寄り駅は「ブラッチャーノ (Bracciano) 駅」「ヴィーニャ・ディ・ヴァッレ (Vigna di Valle) 駅」です。
 ※バスやタクシーを利用する方は、「ブラッチャーノ駅」へ行きましょう。
 ※「ヴィーニャ・ディ・ヴァッレ駅」は無人駅に近く、周辺も閑散としているので、他の交通機関へ乗り換えることは困難です。


 ・今回は徒歩で向かうので、「ヴィーニャ・ディ・ヴァッレ駅」へ行きます。

12 (2)

↑券売機です。ヴァッレ・アウレーリア駅には2台設置されています。



4. 乗車券を購入したら、ホームに向かいます。ここで注意することは、すぐに列車に乗らないことです。

 →列車に乗る前に、ホームに設置されている打刻機に乗車券を必ず通して下さい。

 →これを忘れると不正乗車とみなされ、高額な罰金が科されます。
 ※トレニタリアは車内チェックが厳格で、確実に車掌が検札を行います。

12 (3)

↑ホームに設置されている打刻機です。



5. 列車が来るまでしばし休憩です。

12 (4)

↑ヴァッレ・アウレーリア駅にて。

12 (5)

↑列車が到着しました。

12 (6)

↑車内の様子です。比較的空いているので、好きな座席に座れます。到着まで、ローマ近郊の美しい田園風景を楽しみましょう...
 ※車内の電光掲示板で常に現在位置を確認しましょう。



6. 1時間程で、「ヴィーニャ・ディ・ヴァッレ (Vigna di Valle) 駅」に到着です。

12 (7)

12 (9)

↑ヨーロッパらしい駅舎です。



7. 駅を出てからが本番です。

12(0).png

↑赤線がルートです。ハイキング気分で歩いていきましょう...

12 (10)

↑この道を進んでいきます。左側の有刺鉄線が張られた敷地は、軍が管理しているようです。

12 (11)

12 (12)

↑天候に恵まれたので、とても清々しいです。

12 (13)

↑歩いてきた道を振り返ると...

12 (14)

↑途中で、交通量の多い道と合流します。
 ※交通事故に注意。



8. しばらく進むと、分かれ道にぶつかります。

12 (15)

↑看板を発見。左へ行きましょう。

12 (16)

↑またしても看板を発見。これも左へ。

 ・ここからは緩やかな下り坂です。この辺りから、右側にブラッチャーノ湖がチラチラと...





そして・・・






12 (17)

↑到着です。お疲れ様でした。
 ※所要時間は、約30分でした。

12 (18)

↑ここがイタリア空軍歴史博物館 (Museo storico dell'Aeronautica Militare di Vigna di Valle)です。

 ・ゲート左側の建物には、空軍兵士が2名いました。どうやら門番のようです。
 ※この博物館は、イタリア空軍が直接運営しています。

 ・見学に来た旨を英語で伝えると、「?」な顔をしたので、恐らくは英語が通じません。
 (私の下手な英語のせいかも...)

 →笑顔で、「Ciao!(チャオ!)」と言えば多分大丈夫です。
 ※入館無料です。





9. 「心ゆくまでお楽しみください...」

12(00).jpg

12(01).jpg

12(02).jpg

12(03).jpg





10. 帰りは、来た道を戻ります。

 →帰り道は、少々長めの上り坂からスタートです。

12 (19)

12 (20)

12 (21)

12 (22)

↑景色を楽しみながら...

12 (23)

↑ヴィーニャ・ディ・ヴァッレ駅に戻ってきました。写真は、駅舎付近の様子です。



11. 帰る際に注意することは、「乗車券の購入について」です。

 →「ヴィーニャ・ディ・ヴァッレ駅」には、券売機が設置されていません。

 →そのため、帰りの乗車券は予め購入しておく必要があります。
 ※打刻機は設置されています。帰りも忘れずに。







 ・もし買い忘れてしまったら...






 →ご安心ください。イタリアでは、乗車券は「タバッキ (Tabacchi)」と呼ばれる個人経営の雑貨商店で購入することができます。(私も買い忘れました。)
 ※「タバッキ」は、日本でいうタバコ屋のようなもので、タバコは勿論、飲食物や宝くじも購入できます。

12 (24)

↑ヴィーニャ・ディ・ヴァッレ駅最寄りのタバッキは、駅舎の反対側にあります。

 ・私が行った時は数人の地元住民がおり、店主らしき中年女性が親切に対応してくれました。
 ※当然のことながら、英語は通じません。乗車券を購入する際は地図を指差すなどして、目的地を明確に伝える努力をしましょう。

12 (25)

↑購入した乗車券です。
 ※繰り返しになりますが、打刻を忘れずに。



12. いよいよ出発です。

12 (26)

12 (27)

↑列車が到着しました。「ヴァッレ・アウレーリア駅」へ戻りましょう。
 ※ローマ地下鉄の駅に到着すれば一安心!と言いたいところですが、ローマ市内は犯罪行為が多発しています。引き続き十分注意しましょう。
 







長い記事になってしまいましたが、以上が、博物館までの行き方となります。


航空ファンは勿論、騒々しいローマ市内の観光に疲れたら、是非、足を運んでみてください。


美しい景色と、イタリア空軍の名機たちが、あなたを迎えてくれるはずです...

12(28).jpg



イタリア空軍歴史博物館 (Museo storico dell'Aeronautica Militare di Vigna di Valle)

【所在地】 Strada Circumlacuale, snc - Loc. Vigna di Valle 00062 - Bracciano (Roma)
【開館時間】 サマータイム期間:09:00-17:30 / 期間外:09:00-16:30
【休館日】 毎週月曜日、元日、イースター、クリスマス
【入館料】 無料



イタリア空軍歴史博物館 公式サイト
在イタリア日本国大使館 安全情報



※当サイトに掲載されている画像の無断転載・使用を固く禁じます。

※記事内の情報は、全て2018年3月時点のものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

instagram

access counter

FLAG counter

Flag Counter

#prfm

tags

search this blog

contact us

name:
e-mail:
subject:
message: