fc2ブログ

日日散文(13)

2020/02/25.

「Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome」東京ドーム公演初日へ。この日を約半年待ちわびていた。

73-1.jpg

だが、新型コロナウイルスの影響でその思いは複雑なものに。

私自身は当初延期か中止にすべきと思ったが、予定通り開催が決まり、参戦するか否かは各個人に委ねられた。
これはSNS上でも相当な議論となった。

結局私は熟考したうえで参戦したが、厳戒態勢での開催に気が気でなかった。
最高の気分で迎えるはずのライブに、影がちらつく。

「それなら行かなきゃいいじゃん」とツッコまれそうだが、Perfumeへの思いが強いものでして。ジレンマ。

なお場内は換気が徹底されており、公演中でも外を走る救急車のサイレンが聞こえるほどであった。
また当初は空席が多くなるだろうと指摘されていたが、私の周囲では5~6席が空いていた程度だった。

73-2.jpg





公演内容についてはまだネタバレ解禁の正式なアナウンスがないので、感じたことなどを簡単に。

●Perfumeのライブは、洗練され、完成しつつある。
○『Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」』のようなJ-POP感のある演出から完全に脱却したようだ。

●過去の楽曲はテクノロジーとの融合によって新たな側面が醸成されている。
○しかし、この雰囲気だと恒例の「P.T.A.のコーナー」と温度差が生まれてしまう感じがした。
(またこの方向だと『ジェニーはご機嫌ななめ』がやりにくくなるかも、と危惧。)
○私は「P.T.A.のコーナー」で大騒ぎしたいタイプなのだが、あの緩急を受け付けない人がいるかもしれない。

●重低音の効きが物足りなかった。
○東京ドームの構造上、または換気の影響かも。個人的にはもっと身体の深層部に響かせる重低音が欲しかった。

●ドームライブ恒例のサインボールや銀テープの放出がオミット。
○演出上の都合、または衛生面での配慮かも。

73-3.jpg





そして千秋楽となる26日。私も参戦予定であったが、政府の一声によって公演は開場直前に中止に。

「複雑な心境で始まり、複雑な心境で終わった」というのが今の率直な感想。

昨日の演出を、また違う角度から楽しみたかった......



なお「幻の公演チケット」は払い戻しになる予定。

73-4.jpg

若干の虚無感に苛まれているが、公演初日の余韻で今日は一杯やる予定。
勿論、“P Cubed”を聴きながら......
スポンサーサイト



コメント

No title

更新がないのはPerfume祭りで西に東にお忙しのかと思ってましたよー

しかしウイルス騒ぎはなんだか訳わからん方向に進みそうで気持ち悪いですね。
トイレットペーパーの欠乏とか意味不明。

Re: No title

hn-nh さん

更新が滞ってしまい、申し訳ないです;
アリーナくらいの規模ならば地方まで行くんですがね!笑

>しかしウイルス騒ぎはなんだか訳わからん方向に進みそうで気持ち悪いですね。
政府の後手後手の対応と社会の混乱で、正確な情報が掴みづらくなってきましたね。
先程ドラッグストアを見てきましたが、ティッシュも売り切れでした。
なんだか3.11直後を彷彿させます。

コメントの投稿

非公開コメント

information

access counter

FLAG counter

Flag Counter

#prfm

recent comments

<>+-

tags

search this blog