fc2ブログ

Jagdpanzer 38(t) Hetzer

75-1.jpg

75-2.jpg

75-3.jpg

75-4.jpg

75-5.jpg

75-6.jpg

75-7.jpg

75-8.jpg

75-9.jpg

75-10.jpg

75-11.jpg

75-12.jpg

75-13.jpg

75-14.jpg

75-15.jpg

75-16.jpg

75-17.jpg

75-18.jpg

75-19.jpg

75-20.jpg

75-21.jpg

75-22.jpg

75-23.jpg

75-24.jpg

75-25.jpg

75-26.jpg

75-27.jpg

75-28.jpg

75-29.jpg

75-30.jpg

75-31.jpg

75-32.jpg

75-33.jpg

75-34.jpg

75-35.jpg

75-36.jpg

75-37.jpg

75-38.jpg

75-39.jpg

75-40.jpg

75-41.jpg

75-42.jpg

75-43.jpg

75-44.jpg

75-45.jpg

75-46.jpg

75-47.jpg

75-48.jpg



オーストラリアのオーストラリア陸上兵器博物館(The Australian Armour and Artillery Museum)に展示されているJagdpanzer 38(t) Hetzerです。《2020年3月 撮影》



展示車両はルクセンブルクのコレクターから入手した1945年1月製で、プラハの戦いに投入されたものです。

75-49.jpg



※画像の無断転載を固く禁じます。
スポンサーサイト



コメント

No title

んむむむ?
この履帯、グローサーか何か付けてます?

No title

Hetzer Walkaround として素晴らしい情報量です。
操縦手バイザーに雨除けの折り返しがついてるところとか、天板ハッチのボルトにワッシャーがついてるのとか、ノテックライトの配線取り回しなどとてもよくわかります(^^)

エンジンルームのハッチのロック(四角いナット頭)などちゃんと写ってる写真が少なくて助かります。

気になるところとしては..

OVMクランプ

...レストア中の写真で車体にクランプついてるのでオリジナルの可能性は高い。フェンダーはレプリカなのでジャッキのクランプはレプリカかも
https://www.argunners.com/portfolio-jagdpanzer-38t-of-the-australian-armour-artillery-museum/

筒形の尾灯

...復元されてるものとして貴重なサンプル。
上記URLの写真でわかるように車体に残存していたものではなさそうですが、部品はオリジナルのものを使っているのか、あるいはレプリカなのか?
これは樹脂? ガラス?

履帯

....かば◎さんの指摘するようにグローサー付の履帯のように見えますね。アタッチメントなのか一体鋳造のタイプなのか?

泥がついていてよくわからないのでvol de nuitさんには申し訳ないですが、泥を洗ってもう一度写真撮ってもらえますか?(笑)

Re: No title

かば◎ さん

恥ずかしながら撮影に夢中で、現地では気が付きませんでした......
泥が詰まってますが、グローサー付きのようですね。

Re: No title

hn-nh さん

お役に立てそうで光栄です!
画像はご自由にお使いください(^^)

レストア中の写真があったんですね。出発前に見ておけばよかったと後悔。
尾灯に関しては、触った感じ樹脂製のような気がします。(うろ覚え)

クランプ、尾灯、そして履帯の謎を解明すべく再度渡豪しなければ......笑

No title

ついでに防盾に残ってるパーティングラインも消しておかないと!

って、プラモじゃないすね(笑)

この部分に鋳造のパーティングラインが入るのは他に見ない仕様です。

Re: No title

hn-nh さん

これはもう一緒に渡豪するしかないですね。笑
丁度航空券も安くなってきてますし!

>この部分に鋳造のパーティングラインが入るのは他に見ない仕様です。
勉強不足で恐縮なのですが、このパーティングラインはオリジナルなのでしょうか!?

コメントの投稿

非公開コメント

information

access counter

FLAG counter

Flag Counter

#prfm

recent comments

<>+-

tags

search this blog